人類の存亡をかけた最強を決める大会『モータル・コンバット』レビュー

Yudai
モオオタアアアアアアアコンバッアアアアアアア!!!
どうもこんにちは。今回はTVゲームが世界中で大人気のクソ映画『モータル・コンバット』について話していくよ。

セガール
  監督は『バイオハザード』シリーズで有名なポール・アンダーゾンで1995年の作品だ。
Yudai
 そうなんです。ポール・アンダーソンは本作から立て続けにイベント・ホライゾン、ソルジャーと僕的に超名作SF映画を撮るのですが、本作がその一本目という位置づけですかね。ちなみにミラ・ジョヴォヴィッチの夫です。
それでは始めていきましょう!

【STORY】
謎の武術家シャン・ツンに弟を倒されたリュウは、伝説の闘神ライデンの助言で香港沖の孤島で開催される武術大会に出場する。ハリウッド・スターのケイジと、女捜査官ソニアも運命に導かれるように集まっていた。彼らはその大会が地球と魔界の存亡を賭けた死のトーナメント“モータル・コンバット”である事を知る。手から蛇状のムチを放つスコーピオンや、冷気を武器とするサブゼロ、4本腕の巨人ゴローらシャン・ツン率いる魔人と3人の戦士の戦いが今まさに始まろうとしていた!
引用:allcinmeaより

Mortal Kombat (1995) Official Trailer 

スポンサーリンク

SF版『燃えよドラゴン』?

簡単に言ってしまえばSF版『燃えよドラゴン』です。
世界中の格闘家たちが一挙に集められ、その中で最強を決めるというストーリーです。
モータル・コンバットという世界の最強を決める格闘技大会は人類の格闘家(魂が強い奴)vs魔界の戦士の戦いで、今大会で人類が負けたら人間界は魔界のエンペラーに支配されるという漢気溢れる設定も魅力です。

かっこよすぎるオープニング

本作の見どころはオープニングです。それ以外ありません。
・・・というのは冗談ですがオープニングから『モータル・コンバット』の世界に惹き込まれること間違いなしです。それぐらいオープニングのBGMがかっこいいです。
テクノというのでしょうか?それがドカドカとかかりノリノリの状態になり絶頂に達した時に『モオオオオオタオオオオオコンバッアアアアアア!!!!!!!』と叫びます。初見の方は最低3回は聴きましょう。

B級感ただよう登場人物

登場人物たちの魅力は皆無です。なんでしょうか?安っぽいといった印象を受けました。特にクリストファー・ランバートが酷い。彼は雷の神様ライデンという主役3人を導く重要な役なんだけど、彼の顔立ちのせいなのか神様なのになぜかペテン師のように見えてしまいます。
サブゼロとスコーピオンの扱いも酷いです。僕はPC版の格ゲー『Mortal Kombat X』を持っているのですが、ゲームではゴリマッチョで超カッコいいだけに残念でした。まあモーコンXより20年も前の映画だからしょうがないけど。
そしてゴロー(胴体が長く腕が4本ある怪物)、彼は魔界の大将軍という位置づけなのに知的さはなく、ただの筋肉怪物でアクションスターのジョニー・ケイジにあっさり倒される始末。

唯一良かったのはケイリー・ヒロユキ・タガワ演じるシャン・ツンですかね。
彼は顔の濃さが最高でした!


Yudai
 いかかだったでしょうか。
『モータル・コンバット』観たくなったでしょ~?

セガール
  内容はどうであれオープニングが最高だから、それだけでも観る価値はある!というかそれしかない。
Yudai
 次回は皆さま御馴染み?『バラ色』2部作について書きたいと思います。
それでは、じゃあの~